Swiftな2

iOSアプリ開発で
Xcodeで
Swiftで
2で
という案件がありました。

c44e2601

今まで割りと頑な(?)にFlashで開発してきましたが、
今回はがっつりSwift2でした。
iOSのみ対応でOKでしたし。

・・・もちろん今までの下地・資産もありながらの、、、
また、慣れない環境での躓き等は割愛しての発言ですが・・・
一言でまとめると楽チンでした!

こ、これは正直・・・Flashには戻れないかも。。。
(あ、デスクトップアプリやAdobeAIRならではの機能を利用したアプリは
当然引き続きFlashです)

そしてこれは・・・AndroidもStudioが楽チンのような予感です。

ネイティブな開発環境においては
アタリマエですがパーツなどUIが揃っていて、、それが何よりなのです。
実はFlashでやろうとすると
ボタンのアイコンひとつ自作の必要があったりします。。

あと、ネット上には頼りになる御仁が沢山いらっしゃいます。
情報が多いんですね。Flashでのアプリ関連はそういった情報が少なすぎて・・・

楽チンというか今までが結構過酷だったんですかね。。はは^^;

てなワケで来期の体制としましては
FlashはFlashで温存しながら
iOS、Androidはそれぞれネイティブな環境での開発をがっつり進めますので
引き続きどうぞよろしくお願い致します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です